c型肝炎の治療で有効なのはインターフェロン|ドラッグケアのススメ

医者

知らずして進行する病気

病院

HCVというa型肝炎b型肝炎c型肝炎には死ぬまで続くような病状が続くので、死に迫るような恐怖を感じる方も多いと思います。そうならないためにもアルコール消毒などの行為は欠かさず行う必要があります。検査も大事なので疑いがある方はすぐに検査に行ってほしいと思います。

自分では気づきにくい病気

医者

c型肝炎は、肝臓に輸血やハリ治療などでc型肝炎ウイルスが感染してしまう病気です。この病気になると、肝硬変、肝炎、肝臓がんなどになる恐れが有ります。病院では、主にインターフェロンで進行を防ぐ治療が行われます。

恐ろしい肝臓の病気

病院

c型肝炎は、輸血などで感染している血液が体内に入ることで発生する病気です。この病気には全く初期症状がないので、自分が感染していることに気づいていない人が多いです。放置すると、肝硬変、ガンにも発展するので、心配ならば一度検査を受けると良いです。

肝臓癌の治療

人工透析の申し込みが行なえます。世田谷区で透析を依頼する時は、血液透析をしっかりと行なってくれる病院を選ぶようにしましょう。

インターフェロン療法

医者

c型肝炎は、ウイルスの感染で肝臓が炎症を起こし、細胞が破壊されて肝機能が低下する病気です。とくに日本では、c型肝炎ウイルスによる肝臓癌の発生率が高いことでも有名です。自覚症状がないため、放置しておくことで肝硬変、肝臓癌へと進行していきます。現在、c型肝炎の治療で有効なのはインターフェロン療法によるウイルスの排除です。インターフェロン療法は、注射薬であるインターフェロンの投与によって行なわれます。抗ウイルス薬との併用治療や改良型のインターフェロンが開発されたこともあり、ウイルス排除の割合は高くなりましたが、日本人に多いとされる1b型のc型肝炎には効きにくいこと、発熱や倦怠感などの副作用が強いこと、治療時間の長さといった問題点があります。

新しい経口薬による治療

2014年から2015年にかけて、経口型の抗ウイルス薬が次々と登場し、注目を集めています。2014年に登場したダクラタスビルとアスナプレビルは、24週の併用服用で1b型c型ウイルスに効果を発揮します。また2a型と2b型ウイルスについては、リバビリンと併用するソホスブビルという薬も出ています。そして2015年9月に登場したレジパスビルは、前述のソホスブビルを配合した新薬(ハーボニー)にすることで、12週の服用で1b型ウイルスに効果を発揮します。これらの新薬は、1日に1〜2回の口からの服用で済み、治療時間も短くて済むという特徴があります。さらに副作用も少ないうえに治療効果も高く、レジパスビル・ソホスブビル配合薬については、治験の段階ではウイルスの排除率が100%という結果が出ています。